FIT入試体験談

FIT入試の説明はこちら

64期 MS

高校 E高校
学部学科 法学部法律学科
入学方法 FIT入試(B方式)
写真

オープンキャンパスに行った日に食べたものです。

Q.目指したきっかけは?
大学を目指したきっかけはオープンキャンパスでの教授の講義が面白かったため、この教授の講義を受けたい!と思ったからです。
また、入試方式は、少しでも受けるチャンスが増えればと思い、チャレンジできる入試方式全てに参加しようと思いました。

Q.大学でやりたいことは?
とにかく大学で学べる事全て学びたいです。学部外の人脈を広げることも大切だと思います。

Q.いつ頃から動き始めた?
fit入試の準備は、3年の夏休みです。
今思えばギリギリすぎて、信じられません。

Q.どんな勉強した?
時間もなかったので、今までのfit入試全ての過去問を解き、先生に添削してもらいました。

Q.モチベーションはどう維持した?
あえて忙しい所に身を置くことで時間を大切にしようという意識が芽生えたのだと思います。

Q.最もやって良かったことは?
fit入試の勉強に集中しなかった事です。fitの入試科目は、一次の書類が通れば、二次で小論文と面接だけなので、その勉強ばかりしても、模試などの学力にはつながりません。
1日1時間のみをこの入試の小論文を書く時間にあて、それ以外は、普通の勉強をしていました。

Q.やっておけば良かったと後悔することは?
もっと大好きな数学と触れ合いたかったです。

Q.受験生へメッセージをどうぞ!
大学は本当に楽しいです。
応援しています。

64期 田川千鶴

高校 清泉女学院
学部学科 法学部政治学科
入学方法 FIT入試(B方式)
写真

受験生時代を象徴するような写真です。

Q.目指したきっかけは?
私立の法学部で一番偏差値が高かったから。

Q.大学でやりたいことは?
ロシア語を頑張る、部活の大会で勝つ!

Q.いつ頃から動き始めた?
高3の夏休み。願書の提出期間が8月末でしたが、受験を決めたのが7月末だったので…

Q.どんな勉強した?
〈一次試験(書類審査)〉
日頃から学校のテストを頑張って、評定は可能な限り上げておくのが良いと思います。

〈二次試験〉
〇小論文
今考えると相当ヤバい受験生ですが、対策は一切してないです。強いて言うならば、高校の授業で小論文を選択していたのと、ニ次試験の1週間前から、大学のHPに公開されている過去問を1日1年分問きました。
〇面接
教頭先生に願書のコピーを渡して面接練習をして貰い、面接時に押さえておくべき要点をアドバイスして頂きました。

Q.モチベーションはどう維持した?
当時憧れていた高校の先輩たちのようになりたい、という強い気持ちを持ち続けた。

Q.最もやって良かったことは?
先生に質問に行くこと。使える大人は使い倒す。

Q.やっておけば良かったと後悔することは?
新聞やテレビを見て、当時の社会情勢を把握すること。面接の時に「最近のニュースで気になる話題」を聞かれた時に即答できず、内心めちゃくちゃ焦りました。(受験生でスマホやテレビも全然見ていなかったので…)

Q.受験生へメッセージをどうぞ!
私は受験直前まで国語弱者で、高3時の夏休み中の模試で現代文19/100点を叩き出して周囲にも呆れられていましたが、そんな私でも小論文の筆記試験を乗り切れました。だからと言って一切勉強せずに試験に臨むことはあまりにも無防備なので、私を反面教師に、出せる手は出し尽くして最後まで頑張ってください!一緒に少林寺拳法をやりましょう〜

65期 和田亮士朗

高校 同志社国際高等学校
学部学科 法学部政治学科
入学方法 FIT入試(A・B併願)
写真

面接の前にビリギャルの主題歌である、サンボマスターの「可能性」を爆音で聴きながら、信号前で立ってました。

Q.目指したきっかけは?
政治学・法学以外でも様々な分野を学べる法学部政治学科に最初とても魅力を感じました。特に自分は各国の医療体制の違いに興味があり、それを専門としている教授がいた慶應義塾に受験を決めました。コロナ禍という事もあり、様々な入試方法を調べているうちに、FIT入試と出会いました。

Q.大学でやりたいことは?
自分は海外で住むという夢を持っているので、大学では様々な言語習得に尽力したいです。それに加えて幼少期に少しやっていた武道を大学では、さらに磨きをかけ、より肉体的かつ精神的にも強い人間になりたいです。

Q.いつ頃から動き始めた?
本格的に動いたのは高3の夏ごろです。コロナというイレギュラーなこともあり、大学側もなかなか募集要項を開示せず、最初は困惑していました。一次選考のための提出書類は約一ヶ月ほどで作り上げ、それ以降は課題と面接対策のために読書をしていました。

Q.どんな勉強をした?
課外活動を重視されたので、高校の間は様々な大会や留学などを行いました。入試に対して直接的な対策はあまりなかったですが、自分の評定平均を上げるために学校でのテスト対策にはかなり力を入れていました。

Q.モチベーションをどう維持していたか?
コロナ禍で様々な悩みや問題があり、正直モチベーションを上げることは難しかったです。

Q.最もやってよかったことは?
志望理由書を何回も書き直したことです! FIT入試では大学で何を学びたいのかをよく見られるので、内容が濃い+しっかりした志望理由書を書くことがとても重要です!

Q.やっておけばよかったと後悔することは?
もっと自分の体調を気にしたほうがよかったと思います…..受験期は2ヶ月で5kgほど痩せて、親に心配をかけてしまいました。

Q.受験生へのメッセージをどうぞ!
FIT入試は慶應義塾の教授たちが、「この子にぜひ教えたい!」と思う学生に設けている入試方法です。少しでも法学・政治学に興味があったり、高校で熱心にコツコツと勉強してきた成果を見せたいと思う学生には、とても有効的な入試方法だと思います。普通の一般入試と同時並行に受験することができるのも一つの魅力だと思います!慶應義塾に入るための一つのオプションとして、FIT入試を活用するのはどうでしょうか? 心から応援しています!